ネガ×ポジどっち日記

オーストラリアで海外生活を満喫できない、へこんでは引きこもる深海魚の愚痴愚痴ブログ。

それがないと困るんです/郷に入っても美意識は変えられない

お買い物はオーストラリア全土、どこへ行っても同じ。

f:id:ukidoki:20171005131309j:plain

どの都市に行っても、それこそ小さな街に行っても、同じチェーンのスーパーマーケット、同じドラッグストア、アパレルショップがあって、同じ生活用品が手に入ります。

10年くらい前と比べると、便利な商品もお店も増え、クオリティも上がっている感はありますが、やはり日本の市場と比べると品数が少ないので、満足度は下がります。

ひとつ必要な物を探す時に、メーカーも商品も限られてくるのです。絶対的に少ない選択肢。

まあ、現代社会を生きていくには十分なレベルは揃っていると言えますが、アタシは日本生まれ日本育ち。巨大市場に囲まれて生きてきました。

だから、正直まだまだ、「日本なら」ってぶつぶつ言うことがよくあります。中には、見つからない物もあったりして、嘘でしょ、オーマイガー、って状態に陥ることも。

最初からジャングルへ来るつもりでやって来ていれば、諦めもつくのかもしれませんが、オーストラリアで大都市に入るメルボルンにいるわけだし。

また、それがいわゆる「便利グッズ」などではなく、アタシにとっては(そしておそらく多くの日本人にとっても}「必需品」がないのは困ってしまいます。

 

アタシがこちらに来て一番最初に、「あれ?ないぞ」と気づいた物。

それは女性の顔用の小さなカミソリなんです。

特にアタシは、眉毛を小さなカミソリでケアしないとまったくおかしな形なので、これがなきゃ、そりゃもう大変。

なのに、ない、ない!どこに行っても見つからない!

薬局のお姉さんに聞いてみると、

「こっちでは使わないわね。」

では、こちらのレディたちはお顔のケアをどうしてるのよ、と尋ねると、

「たぶん、ワックスを使ってるんじゃないかしら。」

かしら、って。お姉さんの答え方だと、彼女自身は顔のムダ毛処理をしないようですけど…。

 

こういうのが、ない。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピアニィL フェイス用(3本入)【ピアニィ(Piany)】[カミソリ]
価格:195円(税込、送料別) (2017/10/5時点)

 

確かにこの国の女性を見ていると、美意識は低い気がします。

ファッションもみんなめちゃくちゃな色使いで、ばらばらだし、お化粧せずに派手なワンピースを着ていたり、お化粧をしてたらしてたでベターッと塗りつけて顔だけ浮いていたり。ドレスを着ているのに歩き方ががさつとか、がさつなアタシが気になるくらいね。

夏になれば、腕はもちろん、あまつさえ腋のムダ毛が生えているレディーたちをお見かけするので、顔のムダ毛くらい気にしない人が大多数なんでしょう。日本人みたいに毛が黒くなければ特にね。

 

情報があまりないからかな、とも思います。

こちらには、ティーン向けのファッション雑誌みたいなものがない。芸能界も狭すぎて、テレビがファッショントレンドを作ることもない。セレブのゴシップ誌か、広告が半分以上を占める高級ブランドファッション誌ならあります。

日本は情報がありすぎて、また、それによりファッションの流行などの画一化が置きやすいのでしょう。

それに比べれば、オーストラリアは個性的、ってことでいいのか。

 

とはいえ、アタシは顔のムダ毛はほっとけない。

とりあえずワックス、脱毛クリームみたいな物はあるらしい。でもまぶたの辺りとか、なんか目に悪そうなんだんだけど。

そう思って、しばらくは日本から持ってきたカミソリを使ったり、送ってもらったりしてたな。

で、ある日アジア系のお店に入ったら、そこで小さめのカミソリを見つけたのですよ。いや、嬉しかったな。でも、私がいつも使っていた使い捨ての物のように安全ガードがついておらす、ちょっと力や向きを誤ると、お肌を切っちゃう。

それでもないよりはましなので、と思っているうちに、お店はつぶれちゃいました。

なので、やはり日本へ帰国した時に買いだめしたりでしのいでいたんです。

 

そしてついに、ダイソーがやってきたのです。

大助かりとなりました。

実はダイソーがオーストラリアへ進出する以前でも、アタシが愛用していた眉用使い捨てカミソリをこちらの韓国コスメショップで見たことがあります。そうですよね、韓国のお嬢さん方は美意識高そうですもんね。

でも、めちゃめちゃな値段設定だったため、買う気にならなかったんです。

ダイソーは$2.80均一だったし、日本製だし、

ただですね、品質に当たりはずれがありまして、なんだこれ、切れない!っていうカミソリを売っている時期もあるので、まだまだアタシ、オーマイガーって叫ぶことも多いわ。

 

余談ですけど。

よく海外に行かれる女性は、生理用品を気にします。海外モノはごわごわしてるんじゃないか、大きすぎるんじゃないか、とか。でもそれに関してはオーストラリア、全く問題なく、日本の製品と比べても劣らぬ品質です。

 

届かないクリスマスプレゼント/「お客様は神様ではない」この国での対処法

日本からクリスマスプレゼントがなかなか届きませんでした。

f:id:ukidoki:20170317171749j:plain

去年のクリスマスの少し前に、実家の母親が発送してくれたということで、年明けてから届くだろうと、楽しみにしていました。

けれども、1月半ばに差し掛かっても、音沙汰がなく、アタシは少々不安に。

今まで日本からの荷物が届かなかった経験はありません。けれど、ネットではちらほら国際郵便の紛失トラブルも見かけましたから、もしや、と。

 

SAL便で郵便局から発送とのこと。

SAL便は、船便よりは速くてEMSよりは遅い。日本からオーストラリアなら、およそ二週間で到着します。

コストは基本的に、船便より高くてEMSより安い(基本的に、というのは、送る物が軽くて容量があったりするとSAL便がEMSより高くなる時もあるので。)。

SALとはSurface Air Lifted の略らしい。ってよくわかんないので調べてみたら、surface は海路の。airは空の、とか飛行機の、lift には空輸って意味があるのね。ちなみに空輸するっていう他動詞はairlift。

SAL便は、飛行機に乗せられるまでは船便扱い。荷物が入る余裕があると、飛行機に放り込まれ、現地に着くとまた船便扱いだそう。

ということで、海と空の単語が入り混じってる意味がなんとなくわかったわ。

 

ホリデイシーズンだったから遅延は起こるだろう。

そう思っていたんですけどね。いつも10日くらいで到着するのが、四週間目に差し掛かろうとしていたので、これは、事故ったかな、と。

アタシの留守中に配達員が訪れた場合は、ポストに不在票が入っているはずなんですが、それもなくて。

ただですね、ここは誤配達も多いので、ひょっとしたらひょっとすると、ハガキを隣人のポストに入れちゃったのかも、ってことも考えました。

そうだとすると、保管期間切れる頃に、確かもう一回ハガキ入れてくれると思うんですよね。以前住んでた地域ではそうでしたから。差出人がうちの住所を書き間違えてない限り、投函場所を二回も間違わないだろう、って思うんです。

こう書くと、オーストラリアの郵便配達、けっこう親切でサービスしっかりしてるように聞こえるわ。誤配達は、人間がする限り起こりうるしね…。

ところが、そこはやっぱりオーストラリアでしてね。実は配達時に、インターホンを鳴らさずに不在票をポストに放り込んでいく人もいるんですよ。

一日家にいたのに、なぜか不在票が、ってことが一度や。二度ではない。

階段やエレベーターを使わなければならない、アパートメントで起こりやすいと思われるポストマンのこの行動。理由は明らかですね、はい。

なので、保管期間過ぎて届く二度目のハガキは、彼らが最小限の労働力で荷物を受取人に渡すための、彼らによる最低限のサービスです。

いや、むしろ国際郵便の返送手続きの方がめんどうくさいから、はよ取りに来いや、的なことでしょうか。

 

そんな風に、アタシは郵便局を微妙に信頼できないので。

自分で調べられることは調べて、最終的には郵便局に電話だ、と決心しました。

保管期間はだいたい二週間だったかしら。二回目のハガキが届くには微妙な時期だったのですが、アタシは一縷の望み、というか疑いを抱きつつ、実家に連絡をしました。

まず、母親が記入したうちの住所、合ってました。

そして。追跡番号を聞き出しました。ありました。長い番号が。

国際小包のSAL便は、個々の荷物に追跡番号があるようで(小型包装物のSAL便だと、オプションになってたと思います。)

インターネットで追跡番号を入力すると、うむ、やはり。

お正月にはすでに「到着」となっていました。しかも、オーストラリアには去年のうちに着いてる。

これでアタシの疑いはほぼ確信へと変わりました。

荷物は、すぐそこにあるのだ、と。最寄りの郵便局にね。

 

SAL便追跡記録を手に、いざ郵便局へ。

「日本からの荷物を去年から待ってて、追跡番号調べたら、オーストラリアにもうとっくに着いてるって。不在票入ってなかったんだけど,もしかして、ここにあるんじゃない?」

って追跡番号見せようとしたら、受取人のアタシの名前と住所だけ聞いて、

「探してみるわ。」

って、さっさと奥へ引っ込んだ。慣れてますね、その対応。

それから一分も絶たないうちに、小包を持って戻ってきたお姉さん。

「はい、ここにサインして。」

…説明なしかよ、謝罪なしかよ、とはもはや無駄な思考なので、考えないアタシ。

笑顔で「ラッキー。ここにあってよかったわ、ありがとね。」ってその場を去りました。

 

クレーマーになってもいい状況だけど、ならなかった。

昔はね、いちいち腹立てて文句を言ってましたがね。言ってもね、暖簾に腕押しなのですよ。

たぶん、「アイドンノー。」って言われるんです。

確かに、郵便局の内勤の人がミスしたわけじゃないだろうし。

日本なら郵便局の一員として、頭下げるのが常識ですけど。

結果的に荷物は無事に受取人のアタシの手に渡ったわけで、「ノープロブレム」。アタシが文句を言わなければ、みんなすっきり、誰もストレスを負わずハッピーなのであります。

謝罪は求めず、結果のみを受け入れる。

自分でも驚いたくらい、冷静でした。

 

もちろん、心の深いところには怒りはあったと思います。

でも、怒るのってすごくエネルギーを使います。ここでは相手にもされない、一言の謝罪というわずかな見返りさえないものに対して、一方通行にエネルギーを浪費する。それは、不毛な行為に他なりません。

本来、お客さんが正当なクレームを付けるなら、それは企業にとっては伸びるチャンスです。日本でなら、アタシはそう思います。

しかしながら、この国でそんな考えを本当に持っている企業はあるのでしょうか。アタシのオーストラリアに来てからの経験では、自分のミスに対して言い訳や正当化、責任転嫁をする人がほとんどでした。

かくして、すでにこの国のカスタマーサービスに辟易していたアタシは、目を瞑るというか、口を閉ざすというか、そんな思考に簡単に行き着くようになっていたんでしょうね。

心身の健康を守るため、アタシは今日も静かに微笑む道を選びます。

新年の抱負を貫こうじゃない/パブリックトイレにある小箱の秘密

クリスマスのだらだらホリデイ感を引きずったまま、新年も二週目を迎えます。

f:id:ukidoki:20170112091642j:plain

お正月はいつもながら風情がなかったわ。あちらこちらの主要都市ので、新年零時きっかりに盛大に花火があがって、それでおしまい。日本なら、そこからがお正月イベントなんだけどな。

とにかく大晦日が明けて、元旦、ニューイヤーズデイになっても、お年玉の習慣もお参りに行く習慣もないし、家族親族の集会はクリスマスで済んでるしで、お正月だからこその習慣っていうのがない。

旧年から新年、というめりはりを感じられない。

 

日本人は時間にめりはりをつけるのが習慣化していると思うの。

季節ごとにきちんと衣替えを行う日本人。冬場でもスーツにサンダル引っ掛けてるオーストラリア人。そんな風に性格が違う。

年末年始は、旧年を振り返って新年の抱負を立てる。抱負を全うできないアタシでも、否応なくそういう気持ちになるもんだわ。

テレビでも、年末はそういう特番が多くなるし、雑誌の特集も、今年を振り返ってだとか、新年のアナタの運勢だとかが満載じゃない。それでアタシたち日本人、余計に扇動されてるってのもあるんでしょうけど。

オーストラリアは日本と比べて、テレビ番組も芸能人もとても少なくて、そういう年末年始恒例のざわざわ感が、メディアから感じられないです。

そもそも、おもしろいテレビ番組もほぼないので、テレビはニュース以外、ほとんど見ないアタシ。

 

でも、日本のメディアはチェックしていたりするの。

海外に来て、日本のメディアって、おい、って言う人はいるでしょう。アタシもずいぶん長いことそう思っていたし、日本の流行とか全然わからなくなっていた時期もありました。

でも、ずっと日本から離れていると次第に懐かしくなりまして。ある日チェックし始めたが最後、現在は毎日のように情報アップデートです。

アタシだけじゃないの。実際、こちらに住んでいる日本人ママさんとかも、日本のゴシップやドラマにも詳しい人、よくおられます。

20年も前だと、インターネットはあってもその速度ゆえ、知りたくても知れなかったでしょうけど、このモダンワールドは欲望を叶えてくれたようで。

 

で、去年はアタシも芸能ニュースを普通に追っかけていました。

ベッキーさんで始まってSMAPで終わった、って感じの2016年の日本の芸能界。

アタシにとっての去年のでっかいニュースは、ASKAさんの再逮捕、そして不起訴、です。

アタシにとってASKAさんは青春の想い出でもあります。多感な高校生の時期に「SUPER BEST (CHAGE and ASKA)」を先輩から借りて、カセットテープにダビング(死語?)したこと、三谷幸喜ドラマにはまってその主題歌「YAH YAH YAH」にもはまったこととか、

今回は罪には問われなかったものの、なんだかな、ショックでしたわ。

もちろん、最初に逮捕された時もショックだったけど、執行猶予中に逮捕というのと、本人のいろいろと奇妙な言動が報道されたため、ダメージ大きかったように思います。

クスリって、人格破壊しちゃうから怖い。

 

オーストラリアは薬物中毒者が多いので。

日本の芸能界の薬物事件にはショックが大きいのに、こっちではその辺の人がクスリやってても、さして驚かないアタシ。

公共のトイレとか、デパートのトイレとかでも、注射器の針を捨てる箱がついているのを見ても、どれだけドラッグが蔓延しているのかがわかります。

f:id:ukidoki:20170112092054j:plain

これは個室についてるやつ。

 

まあ、糖尿病の人がインシュリンを打ったりしたあとの針を安全に捨てるように、という正規の理由があって、その箱があるからってクスリを打つことを奨励しているわけではないんですけど。

でも、暗にジャンキー用でもあるんだな。そこらで使用後の針捨てられると危険だし。

f:id:ukidoki:20170112092938j:plain

上から覗いてみた。

 

また、道を歩いていると、よくマリファナの臭いをさせた人や場所に出くわします。断っておきますが、アタシは吸ったことないのよ。臭いは誰かに教えてもらったんですってば。

薬物に対する意識がなんか、違う。軽すぎるんだと思う。マリファナは中毒性がないから、あれはクスリとまでいかないよ、ってごく普通の人が言うのだから。

そしてその発言は、コカインやヘロイン、アイスなどの強力な覚せい剤が彼らの日常にはびこっていることを知っているからよね。うむ、恐ろしいぞ。

 

ジャンキーたちが、クスリ欲しさに道端でお金を乞うことも。

今日も駅の横で立っている10代半ばに見える女の子が、「すみません、ちょっとお金いただけませんか?」って声掛けてきた。

普通の格好しているんですよね、スポーティなタンクトップと短パンとスニーカー。普通の人と違うのは、目の下にくまがあるってこととか、なんかフラフラしてること、それにいびつな笑顔。この国へ来てから見慣れてしまったアタシにはわかる、彼女はジャンキーだと。

アタシは、そんな道端で座り込んでるジャンキーやアルカホリックに対してお金を渡すのは抵抗があります。怒りさえ感じます。なぜあなたたちの快楽のために(しかもそれは人に危害を加えるかもしれないし)、自分が汗水垂らして稼いだものを渡さなければならないんだ、と。

ところが、アタシのある知り合いは、けっこうまめにお金をあげるのだと言う。なぜかと聞けば、お金がなければ、薬欲しさに人の家に押し入って強盗や泥棒を働くかもしれない。それなら、お金渡してそれでクスリ買ってもらった方が平和でしょ、って理由。

なるほど…なるほど…クスリってなかなかやめられないって言うものね。中毒になったら働くこともできないだろうし。

いや、でもなあ、それは根本的解決にはならないでしょう、とは思うものの、まあ、一般人ができることと言えば、そういうことなのかもしれません。取締まりとか施設とかはガバメントがしっかりしないとね。

 

クスリに手を出す人の気持ちはわかりたくないんだけど。

ノリとかあるのかも。この国じゃあ、学校内でもはびこっている、パーティでマリファナとかっていう話を普通に聞くし。若いうちならなおさら、雰囲気に流されちゃったりするんでしょう。

でも、自分一人の問題で済まないんだから、家族が悲しむし迷惑掛けるし、世間の目もあるしって考えたら、意思を強く持って、絶対に手を出しちゃあいけないわ。

その考え方は、オーストラリア人にはしっくりこないのかもしれないけど。日本の「恥の文化」での捉え方だから。

アタシはそこまで親しくない数人のオーストラリア人から、子供がドラッグ中毒で施設に入っていたことや、親族が刑務所にいることなどを話されたことがあります。日本人なら、絶対話さないよな、とショックでした。

家族、親族と言っても、他人。自分に非があるわけじゃなし、隠すことではないというのかしら。本人の名誉のために隠してあげておけばいいのに、と思うけどね。

そんなところも性格が違う。

体裁や第三者の目を気にする日本人の気質。頭が堅いと言われようと、その気質で犯罪を踏みとどまれるなら、それでいいと思うわ。

 

そういやお正月の書初めも、そんな日本人らしさあふれる文化ね。

意思を貫くために、新年の抱負を文字にしたため、自分だけでなく他者にも表明する、ってところが。

習字はアタシ苦手なんで、書初めはしませんけど、今年の目標は文字にしておきたいと思います。

「一週間に一回はブログを書く」

…あ、現在は新年二週目。ってことはすでに挫折してることになるのか。

クスリには手を出さないけど、意志弱いな、アタシ。

 

 

トップ写真:写真素材ぱくたそ(www.pakutaso.com) /夜空に降り注ぐピンク色の水玉(photo:すしぱく)