読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガ×ポジどっち日記

オーストラリアで海外生活を満喫できない、へこんでは引きこもる深海魚の愚痴愚痴ブログ。

ボクシングデイは出歩くもんじゃない

クリスマスが終わると、間髪入れずにボクシングデイという名の大バーゲン

f:id:ukidoki:20151227105428j:plain

決してボクシングをする日ではなく、プレゼント、つまりボックスを開ける、を意味する日。でも実質はお買い物デイ。

ゴーストタウン状態だったクリスマスと対照的に、翌日は、狂喜乱舞するショッパーたちが街を埋めつくします。

あの状態で、買い物できるなんてアタシには信じられません。

外へ出なきゃよかったと思いました。

 

おのれをわきまえず、デパートに筆記用具を求めに出掛けたアタシ。

人、人、人がいっぱい。そして彼らは秩序を知らない。ぶつかっても謝らず、道を塞いで立ち話もきにしない。試合の終わった甲子園のよう。

入り口からのろのろと歩く人々に、すでにうんざりモード突入。

ステーショナリー売り場は、はるか上階。と言っても、ふだんならものの1、2分で到着できます。当たり前ですが。

エスカレーターの麓と頂上にはガードマンたちが配置され、ものものしい雰囲気。どこだよ、ここ。デパートだよ。

みんな、笑ってないし。楽しいはずのショッピングなのに、疲れ果てて、でも流行りに便乗しなきゃ置いてかれちゃう、みたいな顔で。きっと昨日、飲み過ぎたんでしょうけどね。

エスカレーターに乗るため、うねうねと続く長蛇の列に果敢に飛び込む。よくやった、アタシ。でも、すでに腰に痛みを感じはじめていました。

 

愛想笑いどころか苛立ちを隠さないガードマン。 

危険防止かなんなのか、エスカレーターは一列で、一人ずつしか通されず、さらに渋滞悪化。

そうして「一人ずつね!」と、時には客の肩をつかんで制止をはかるガードマンたちの野太い声が響く中、アタシはついにエスカレーターにご搭乗。パーソナルスペースを確保。

しばしの安息が訪れたとき、この状態では例え商品にたどりついても、それをレジに持って行くのにどれだけかかるんだろうと、冷静に考えました。

腰の痛みはどんどん増してくる。無理だ、レジに並ぶなんて無理。

 

エスカレーターを降車、そしてきびすを返す決心。

f:id:ukidoki:20151227114123j:plain

一階から二階にあがっただけで、もういいやと。

明日出直し。そう、世界は明日も回っている。なんでアタシわざわざこの日を選んだのでしょう。

アタシには敷居が高すぎるチャレンジでした。満員電車通勤に慣れ親しんだのは、今は遠い昔ということ。

下りのエスカレーターはほとんど並ばずにすみました。

 

おまけ。

「クリスマスは終わったんだよ。」

f:id:ukidoki:20151227110859j:plain

 

「ぼうや、いいね。」

f:id:ukidoki:20151227110945j:plain

 

「終わったんだよ!」

f:id:ukidoki:20151227111031j:plain