読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガ×ポジどっち日記

オーストラリアで海外生活を満喫できない、へこんでは引きこもる深海魚の愚痴愚痴ブログ。

日本食に癒されたいじゃない/オーストラリアでは主に自炊がいい、そのわけは

鬱々なアタシが癒されるかも、と思うモノ。

それはジャズとチャイティーと日本食。

ジャズって特に興味もなかったし、今でも好きだとかいうわけではないんだけども、聴くとアタマがふわあって開放されて、緊張が和らぐ感じがします。時には涙まで出てくる始末。なんか、音楽のマジックがあるんでしょうね。

チャイティーはオーガニックのチャイティーバッグを買って、さらにジンジャーだのなんだのを足していただいています。アタシはコーヒー好きなんですが、飲み過ぎて心臓バクバクして、目の奥が広がるような感覚に襲われていたので(カフェインの過剰摂取?)、数ヶ月前から、家ではなるたけチャイを飲むようになりました。これがコーヒーとは真反対の効果で、ほっこりと気分が落ち着くのです。ハーブとかスパイスの力ってすごいんだな。

そして日本食。慣れ親しんだ味だから食べると落ち着く、っていうより、大豆に含まれるイソフラボン効果みたいね。イソフラボンで精神安定が得られるんだって、最近知りました。だから、鬱々しがちなアタシは自然と欲するってわけ。醤油、味噌、豆腐、納豆などなど、日本食なら必ず大豆を摂ることになりますから。

 

そう、アタシは基本的に和食派。

f:id:ukidoki:20161124214929j:plain

メルボルンには、日本食食材店もレストランもわんさかあるので、不自由しません。

納豆を食べてる、って言うと、日本の友人らは一様に驚きます。私もオーストラリアで見つけた時はびっくりしたわ。しかも冷凍庫に入って売られてるので。

他にも、梅干しやきゅうりの漬物とかも意外だったかな。

海を渡って来ている分、少し割高ですけど、自炊するわけですから、外食するよりは節約できます。

 

それに、実は外食はそんなに楽しみではなくて。

というのも、レストランは、「え、これで商売してるの?」って思うようなクオリティが多すぎるのが難。「まあまあ不味い」店舗数が「まあまあ美味しい」を上回ってるんじゃないかと。アタシが外しているだけだったらごめんなさい。

うーん、でも日本だったら即潰れるだろうってお店がいくつも、何年も商売をしていたりするの。ここの人たちの舌はどうなってるんでしょうか。

たとえば最近、おしゃれなジャパニーズレストランバー、「見た目」重視なお店をよく見かけるんだけど、流行ってるのね。ライトはおしゃれだけれど、店内は暗くてメニュー見るのも一苦労、大音量のミュージックで会話もできない。メニューは料理よりもお酒の種類の方が多い。その料理はというと、やたら大きな器とデコレーションでどう、すごいでしょ、ってアピールするだけで味はいまいち。カウンター前に酔っ払った若者たちがひしめきあい、休むことなくアルコールを飲み続けている。

ビジネスとしては正解、そういうお店作りの方が。こちらの人々は、社会人でもまるで新歓コンパの大学生か、という勢いでじゃんじゃん飲みまくりますから。

アタシとしては、ちょっと疑問。本当に美味しいものを食べたいと思わないのかしらって。それより、味がわかんないくらいに飲む方が娯楽だという風潮なのかな、って。

 

それでも、「ものすごく美味しい日本食レストラン」は、もちろんあります。

アタシは別にお店の回し者でもなんでもありません。が、ほんっっっとうに美味しいのを知ってもらいたい。たまたまなんかの表紙にアタシのブログを開いた人が、たまたまメルボルンを訪れる機会があるなら、ぜひ行ってほしいわ、bistro GOEMONに。

ここのお料理、見た目も味ももうてっぺん飛び越えてますよ。ああ、アタシ何言ってんだかわかんない。

豚の角煮なんかもう、極上です。極上の癒しを得られること間違いなしです。アタシ普段ほとんど肉嫌いな人なんですけど、これはきっとどんな人でも、食べるのやめられませんって。

ここですよ、ココ↓

 

bistro GOEMON (ビストロ・ゴエモン)

住所 281 Glen Huntly Road, Elsternwick, VIC 3185

電話 現地 03 9523 9900 国際 +61 3 9523 9900

 

シティから電車で15分の駅、Elsternwick (エルスタンウィック)のすぐそばにあります。大きなお店ではないので、特に週末は予約した方がいいと思います。

ここの駅前にはローカルの映画館があるので、お食事後に映画鑑賞もいいと思います。アタシはよくそうしてます。が、はっきり言って。映画はついでです。レストラン目当てです。どんなにいい映画でも、ここの味にゃあ勝てませんって。

アタシとしては毎日でもこのお店へ行きたいのですが、そんな余裕はありません。なのでおうちで納豆ごはんとお味噌汁でイソフラボンに癒されつつ、ストレスフリーな節約をし、次の訪問に思いをはせるのです。

ああ、この世に、メルボルンに和食があってよかった。