ネガ×ポジどっち日記

オーストラリアで海外生活を満喫できない、へこんでは引きこもる深海魚の愚痴愚痴ブログ。

雷雨ぜんそくが怖いじゃない/対策にマスクは必須、と思っていたけど

夏です。紫外線ガンガンです。

f:id:ukidoki:20161212102815j:plain

メルボルンは最近、日中は晴れていて汗をかくぐらい暑く、夕方に雨が、みたいな天気。

先月、この気候を一因としたぜんそくで、8人の方が亡くなり、8500人もの人々が病院に駆け込む事態が起きました。Thunderstorm Asthma、日本語で雷雨ぜんそく、が引き起こした悲劇。

11月21日の月曜日。その日は35度の最高気温を記録し、夕方になって嵐が来て、いきなり20度に落ち込みました。

そして、ぜんそくをもともと患っていた人だけではなく、花粉症を持っている人や、普段ぜんそくとは無縁の生活をしていた人が、突然発作に襲われたのです。

多くの人々が救急車を求め、大混乱。亡くなった方の中には、呼吸困難で、救急車を待っているうちに力尽きた人もいます。

 

ニュースで知った、雷雨ぜんそく。

一般的に、晴れた日には多くの空気中を舞い、雨の日には地面に着地するので少ないと言われています。

しかし、雷雨ぜんそくは、その名が示すとおり、雷雨によってもたらされると考えられています。日中に生成された花粉が雷雨で空気中に巻き上げられ、さらに激しい風と空気中の水分を含むことで破裂し、その中の微粒子が一気に空気中に放たれて、肺に達するために起きるらしいでです。普通の花粉は鼻に引っ掛かって止まるのですが、微粒子はものすごく小さいのですね。

アレルゲンは主にメルボルンに広く生息する、イネ科のライグラスという植物で、その花粉シーズンは今がピーク。

メルボルンでは過去30年の間に4回雷雨ぜんそくが確認されていて、前回は6年前の2010年。

そう、6年ぶり。ということは、気温が突然下がって雷雨が来たから、といって必ず起こることでもないのです。この時期って毎年同じような気候なわけですし。

専門家によると、たしかに一因はあるようですが、他にも何かしらの原因が存在しているかも、とのこと。でも、現在のところははっきりとしたことはわからないんですって。

 

アタシもぜんそくを持っています。

アレルゲンは調べていません。ほこりとか、花粉とか、香辛料とかに反応しているのはわかっています。正直、オーストラリアへ来てからひどくなって、死ぬかと思った時期もあります。現在は薬を常備して生き延びてる次第。

今回、歴史的に最悪な雷雨ぜんそく被害をもたらしたその日の数日前から、アタシは喉がイガイガしてたっけ。たぶんすでに花粉がいっぱい飛び回っていたのでしょうね。当日、雷雨のあった時間はアタシはうちの中。そして一日中窓を閉め切った(日中暑い時は窓を閉めている方が冷気がこもるので)ままだったので、メルボルンがそんな大変なことになっているなんて、全然知らなかった。

 

この国、ぜんそくも花粉症も多い。

年がら年中、誰かが、「ああ、目がかゆい、鼻が垂れてくる。」って言ってる気がするのですよ。あまりたくさんの人に会うことのないアタシがそう感じるんだから、相当の人から聞いてるってこと。

なのに、なんで?って思うことが。

なんで、マスクをつけないの?

オーストラリアの人とマスク。ほぼ見ないね。日本人とか韓国人とか中国人はよくつけてます。そして、それは他の人たちから奇異なもののように見られてる感じ。笑う人もいる。

なんだろう。笑うってことは、ダサイと思っているのでしょうか。オーストラリアにファッションセンスなど皆無だと思っていますが、アタシ。

と毒づいていたら、そうじゃなかった。オーストラリアではお医者さんたちがマスクを奨励していない傾向にあったのです。National Asthma Council Australiaのウェブサイトにこんな一文が。

Some experts overseas recommend sealing doors and windows, and wearing face masks or goggles outside to avoid pollens. These are usually not practical in Australia, but a mask might be useful in special situations, such as when driving a tractor during harvest.

オーストラリアでは、マスクは「実用的」でない、と考えられているらしい…。花粉症が引き起こされないように身体を薬でなんとかしなければ、根本的解決にならないって思うのかしら。

それでもマスクに救われる人、いっぱいいると思うのよ。日本の優秀なマスクなら花粉より小さいウイルスさえシャットアウトするのよ。鼻にもフィットするようにワイヤー入ってたりさ。一度使ってみなさいよ、ダイソーで売ってるから。

やはりアジア人はよく使うみたいで、花粉がひどい時はあっという間に売り切れてます。こっちの薬局にはマスクほとんどないからね。なんか、オレンジのアヒルのくちばしみたいな形した、超立体すぎるマスクを見たことあります。あと、だいたい、マスクくださいって言うと、ちょっとびっくりした顔して、カウンターの後ろっ側から、ワンサイズでものすっごい大きくてペラペラの使い捨てマスクを出してきてくれます。「これでいい?」って。たぶん、薬剤師さんが仕事で使っているんでしょうね。

 

昨日は雨が降りませんでした。

丸一日、お日様さんさんでしたね。

で、アタシは外出していたのですが、咳が出てきてしまいました。花粉が多いみたい。しばらく症状なかったものだから、一気にしんどくなっちゃったわ。怖い怖い。

薬もあるんですけど、マスクで咳が治まれば安くつくので、マスクをば買いだめしにダイソーへ参ります。

咳のせいで鬱々になりそうなこんな時、ダイソーで売っているミッキーマウスやハローキティのマスクで、アタシは少し楽しい気持ちになれたりします。ありがとう、ダイソーさま。

 


参照記事・ウェブサイト:
“Thunderstorm asthma: 'You're talking an event equivalent to a terrorist attack” by Mellisa Davey theguardian

“‘Thunderstorm asthma’ extremely rare, experts say” by Rohan Smith, “Vic asthma thunderstorm was world's worst“ by Angus Livingston and Julian Drape

Australian Associated Press, ”Death toll from freak thunderstorm asthma event in Melbourne reaches eight“–news.com.au

“'Thunderstorm asthma': Two die after Melbourne storm causes spike in respiratory problems“, “What is thunderstorm asthma?” –abc.net.au

Allergic rhinitis (hay fever) and your asthma –National Asthma Council Australia

Australasian Society of Clinical Immunology and Allergy (ASCIA)

 

写真:GATAG|フリー画像・写真素材集 4.0 http://free-photos.gatag.net/ID: 201309212100