ネガ×ポジどっち日記

オーストラリアで海外生活を満喫できない、へこんでは引きこもる深海魚の愚痴愚痴ブログ。

老眼鏡はまだいらない?/手の中の本棚・電子書籍リーダー

日本語を遠ざけた日々もありました。

f:id:ukidoki:20171106172954j:plain

オーストラリアへ来た当初は英語に慣れるのに必死だったので、むしろ日本語とは距離を置こう、となりまして。

英語で会話して、英語でメールを書いて、英語の歌を口ずさむ。

そうして数年が過ぎ、眠りに就いて英語と日本語が入り混じる夢を見るようになる頃、もう日常生活に支障はないだろうと自己判断。

もしかしたらそれは、英語の勉強をしたくないがための言い訳かもしれないけど。言語習得に秀でていない脳を持ってるから、アタシ。

とにかく、アタシのなんちゃって英語でも生きていけるのよ、とまあ、開き直ったのであります。

そこからは日本語への飢餓感が一気に増し、特に活字を欲するようになりました。

 

そういやアタシ、本好きだったわ。

小学校時代は図書館に入り浸っていたし、成長してからも常に文庫本が通勤・通学のおとも。

本、読みたい。けれどここでは手に入れるのが難しい。

たまに,、メルボルンにいる日本人向けのウェブサイトで、要らなくなった本を売りに出しているのを見かけます。でも、自分が読みたいものが見当たらない。

一時帰国した時にだけ、飢えを満たすように本を読みあさること数年。

ついに時代はアタシに味方したのです。

―そう、電子書籍の大到来。

   

まずは楽天koboのデスクトップアプリで電子書籍デビュー。

スマホのアプリなどで、日本向けのものがこちらでダウンロードできないことがよくあるのですが、楽天koboのデスクトップアプリは問題なくできました。それが約二年前。

すぐに電子書籍リーダーを購入するのしなかったのは、日本で一度セッティングしないと海外で使えないとか、使えても冊数制限がある、という話がその頃ネット上に出回っていたから(主にkindleの話だったけれど)。

そこでアタシは考えたのです。アタシはちょいちょいオーストラリアから楽天市場にアクセスしてお買い物しているのだから、パソコンで楽天の電子書籍ストア使うのなら大丈夫じゃない?、と。いつのまにか楽天が英語のログインページを表示するなど、グローバル化していましたし。

その読みどおり、ダウンロードしたアプリを使って電子書籍を手に入れることに成功したアタシ、これで、一見落着、と思ったのですが…。

 

痛いじゃないの。

目が、痛い。

ある程度の時間、デスクトップで電子書籍を読んでいると目に力も入らなくなってきて、文字もかすんでくる。

これが魔のブルーライトの威力か。いや、待てよ、歳のせいってことは…あるかも。

せっかく読書を楽しめる環境を手に入れたと思ったのに。なんだかとっても残念な気持ちになりましたよ。

それでも二年くらいはパソコンを使って読書を試みました。まあ、はかどりませんがね。

それで現実を直視し、老眼鏡を購入せねばならんと知人にぼやいていたところ、言われました。

「パソコンで読むと疲れるよ。電子書籍リーダーにしたら?」

ん?パソコンが原因なのはわかってますよ、ブルーライトだもん。でも電子書籍リーダーなんてパソコンの画面よりちっちゃいからもっと疲れるじゃない。いやいや、そういうことじゃない?

電子ペーパーですって?疲れにくいんですって?

いろいろな技術が日々進歩しているのね。アタシ、もうついて行けない。

下調べが行き届いておりませんでしたね。

 

それ聞いたら、やっぱり電子書籍リーダーが欲しくなるじゃない。

ただ、オーストラリアでもちゃんと使えるのかな。海外で購入したリーダーで日本語読めるのかな、という不安がぬぐい切れず。

アタシが慎重になったのは、アカウントたちのせいでもあるんだな。

どういうことかというと、楽天アカウントと楽天koboアカウントは別、ってこと。

楽天koboアカウントはrakuten koboのブックストア用。ほとんどが英語の本で、一般の日本人が本を購入する用ではないです。英語の人用。これに対して、楽天アカウントは、日本人向け楽天kobo電子書籍ストア用。楽天市場利用時と同じアカウントです。

まずこれを理解するのに時間かかったわ。

で、楽天koboの電子書籍リーダーウェブサイト(rakuten kobo eReader Store)をチェックした時、そこには日本語対応している、ってあったけれど、楽天アカウントで使える、ということは書いてなかったんです。

だから、楽天アカウントで電子書籍リーダーを使えるのかどうか、明確にしたかったの。

そこで、それまでkoboリーダーが海外で使えない件などのトラブルをインターネットで調べていたのだけど、ここへ来て切り口を換えてリサーチすることに。

つまり、「楽天kobo電子書籍リーダーのセットアップ方法」で検索して、「楽天アカウント」でセットアップできる旨が記してあるかどうかを調べたのです。

アタシはすでにデスクトップアプリで(楽天アカウントを使って)海外からでも電子書籍を購入できていたから。日本語対応という情報も入手したし、あとは楽天koboアカウントでなく、楽天アカウントでのセットアップが可能ならリーダーからでも電子書籍をダウンロードできるはず、と推測した次第。

結論を述べると。可能ということでした。

―今となって思うのは、日本の会社なんだし、電子書籍リーダーまでその名で販売していて、楽天会員専用のブックストアがあって、明らかにメジャーなターゲットは日本語読める人だろうに、使えない、ということはないだろうよ…。気づけよアタシ、

考えすぎるの悪い癖。一歩踏み出すまでが時間かかるのね。

 

そうしてついに電子書籍リーダー、Kobo Aura Oneとご対面。

画面が大きいですね、7.8インチ。約19.8cm。縦の長さね。

セッティングはすさまじく簡単で、ものの5分で終了。

楽天アプリですでにダウンロードした本たちが、リーダーにもダウンロードされました。

これは、ひとつのアカウント持っておけば複数のデバイスで複数人で共有できるってことよね。一冊の本を回し読みできるんだわ。

 

どうせ必要になるカバーもセットで買うほうがいいですね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Aura ONEスリープカバーセット
価格:27864円(税込、送料無料) (2017/11/6時点)

 

さて、肝心の目の具合はどうなんだろう。新刊を購入して試してみた次第。

思っていたより文字が大きく画面に映え、読みやすい。確かに疲れ具合はパソコンよりも少ない気はします。

ただ、一日の終わり、眠る前に使うと、すでに身体が疲れているために文字がすぐにぼやけてきます。昔はそんな現象起きなかったのに。

そう。パソコンよりは目にいい、という情報を信じて心に平穏を得られはしますが、目疲れは結局は歳のせい、ってこと。

老眼鏡を手にする日はそう遠くなさそうです。

 

トップ写真:写真素材ぱくたそ(www.pakutaso.com) /古書が並ぶ本棚(©:エリー)